手相占いでわかる事とは?

手相占いという言葉には占いという言葉が入っています。世の中には占いと呼ばれるものが沢山ありますが、その中でも簡単に出来る占いの1つです。世の中の占いは、「命(めい)占」「卜(ぼく)占」「相(そう)占」の3種類に分けられます。命占は、星座占いや九星気学の様な、生まれた月日からその人の宿命や運命などを占うものです。卜占とは、例えばタロット占いの様な変化する状況に関して占うもの。相占は、ものの形から占うものです。例を出すと、風水や姓名判断がこれに当たります。手相占いはこの相占に属します。手相占いでは、あなたの性格、恋愛傾向、適職、運勢のアップダウンの時期、健康状態など様々な事がわかり、また過去、現在、未来も調べていけます。手相占いでは、掌丘と呼ばれる手の平の膨らみ部分はエネルギーの貯蔵庫と呼ばれ、ふくよかなほど蓄えている運があるという意味です。また、掌線は、エネルギーの流れが表れたものとされています。
「自分の資質を知りたい」「チャンスをつかみたい」「人生をより良くしていきたい」と思っているなら手相占いで調べてみましょう!

手相は気の持ちようで変化するもの

診断結果が悪い時は、がっかりしてしまうかもしれません。しかし、手相占いの場合は悪い結果であったとしても落胆する必要はありません。なぜなら手相というものは、日々変化するものだからです。そして、あなたの気の持ちようや生き方で手相は良くも悪くもなります。運気アップを望むなら、心身にとってプラスになるような生活を行いましょう。肯定的な考えを持ち、生活すると良い手相になっていきます。ポジティブさを心掛けて生活すると、3ヶ月後あたりから手相の変化を感じられるでしょう。逆にネガティブな考え方や生活は手相も悪くなって運気ダウンになってしまうので要注意です。手相占いは、自分の事が客観的にわかります。なかなか行動に移せない、自分に自信がない人にとっては手相占いがキッカケで、あなたの考え方が変わるかもしれません。未来を変えるには先ずはあなたの考えを変えるのが肝心。考え方が変わると行動が変わり、行動が変わると未来が変わっていきます。

手相占いは脳と深い関係があるので当たる可能性が高い!

占いをするにあたって、信憑性は誰もが気になる所ですよね。手相占いは歴史が深く、古代インドで約3千年前に生まれたと言われています。そこから中国に渡り、日本には平安時代に入ってきました。その時代の人々は、手相と人間の運勢や性格などの関係性から法則性を導き出してきました。手の平の線は、どの様に作られていると思いますか?これは、脳と密接な関係があるんです。脳と手の関係ですが、人間の身体の中で、手は他の体のパーツに比べかなり小さいものです。手は脳の指令で動き、そしてとても複雑に動きます。それゆえ、手には脳細胞が使われているんです。脳と手にはとても深い関係性があるんです。手の動かし方が異なると、掌線も人により変わってきます。それゆえ、脳の状態が手に如実にあらわれているといえます。手相占いは、その人の情報がわかり、当たる確率が高いと言われる所以なんです。