右手と左手の違いとは

トップページ > 右手と左手の違いとは

手相占いは右手と左手のどちらで診断するの?

手相診断をする際に、右手か左手のどちらで診断するのか迷う所ですよね。右手で診断する、左手で診断するなど諸説あります。東洋流手相では男女で鑑定する手が異なります。男は左手、女は右手で鑑定を行います。西洋流は利き手を見る、両利きの場合は左手をみていきます。日本の手相学では右手と左手の両方を見て総合的に診断していきます。両手で占っていきますが、先ずはあなたの手のどちらが「積極的な手」「消極的な手」なのかを調べていく必要があります。占う際には、現在と未来がわかる積極的な手をメインに調べていきます。しかし、その人自身の資質や潜在能力もわかった上で診断した方が良いので、その人の消極的な手から先天的な能力を判断した上で積極的な手から未来の様子を探っていくのがベストでしょう。また、占う際には手の大きさ、掌線、掌丘など総合的にみていきましょう。

積極的な手、消極的な手の調べ方

自然に両手を組んだ時に、どちらの親指が下になりますか?両手を組んだ時に、親指が下になったほうの手を「積極的な手」といい、逆の手を「消極的な手」といいます。手相占いでは、自分の右手と左手のどちらが積極的の手、消極的の手なのかを調べます。積極的な手は、現在や未来についてわかります。消極的な手は、生まれつき持っている運や性格や才能を表します。この割合ですが、一般に左の親指が下になり、左手が積極的な手になる人は70パーセント、右の親指が下になり、右手が積極的な手になる人は30パーセントになります。また、左手が積極的な手になる人は合理的な考えの人、右手が積極的な手になる人は直感的でユニークな人が多いとされています。そして消極的な手に比べ、積極的な手の方が手相が変わりやすいんです。持って生まれてきた性質や性格を消極的な手から読み取った上で、未来を占う際には積極的な手から読み取ると良いでしょう。

右手と左手の手相が全然違う場合は?

右手と左手の手相があまり変わらない人の場合は、裏表のない人です。楽天的、おおらか、単純な可能性が高いでしょう。右手と左手の手相が見るからに違う場合は、二面性があるといえます。表に見せているあなたと、裏でのあなた自身がだいぶ異なる場合が多いでしょう。成長する過程で様々な経験をした事により本来の自分と周りが思うあなたに差異が生まれるのです。しかし、右手と左手の手相が違う人は、優れた才能があるともいえます。一般的に男性の方が女性より脳の機能分化が発達していますので、手相にも変化があらわれやすく、女性より男性の方が両手の手相が違う人が多く存在します。手相は人それぞれの特徴が必ずあらわれています。両手共に同じ特徴がある場合は、それを活かすようにすると人生が好転します。手相からそういった事がわかると意識が良い方向に変化し、良い結果が出やすくなります。