両手から総合的に判断

トップページ > 右手と左手の違いとは > 両手から総合的に判断

手の形や大きさから総合的に判断しよう

手相占いで占う際に、どちらの手で見ていくか疑問に思う人は多いのではないのでしょうか。結論からいうと、手相占いでは両方の手で診断していくのがベストでしょう。そして、手の平の線を重点的に見てしまいがちですが、手の平の線や丘だけでなく、手の大きさや形からも人の生まれ持った気質がわかります。手が大きく肉付きが良い場合は、デリカシーに欠ける部分がありますがエネルギッシュな人。平らで角ばった手の場合、身体的に強く少々頑固な面を持っている人。肉付きが薄く関節が目立つ場合は、なかなか心を開きにくいですが、頭のキレる人です。指が長く割りとふっくらした手の場合、少々飽き性でもあり、楽しく明るい事が大好きな人。手が小さめで指先が細めな場合、神経が細やかで直感やインスピレーションに長けている人です。両手で総合的に判断していきますが、あなたの右手と左手のどちらが積極的な手で消極的な手なのかを先ずは調べましょう。未来がどうなるか知りたい場合は、積極的な手だけ見れば良い気もしますがその人の性質や元々持ち合わせている運を知った上で未来がどうなるかを調べた方が当たる確率も高まります。初めに消極的な手を診断した後に積極的な手を診断していくのが良いでしょう。左右の手相が全く同じ人はいませんが、左右の手の差異として注目すべき所は、生命線、感情線、知能線、運命線の太さと向かっている方向や丘の膨らみ具合です。