結婚線の詳しい見方

トップページ > 結婚線の詳しい見方

手相から幸せな結婚が出来るかを知ろう!

「結婚」という言葉に憧れている人は多いのではないでしょうか?恋愛中の人なら相手との未来を思い描いたり、最短で結婚をしたい人なら、既に婚活に励んでいるかもしれませんね。しかし、恋愛期間で上手くいっていても結婚したら上手くいかなくなった。という話も沢山ありますし、恋愛と結婚は別とも言われます。マリッジブルーになってしまう女性は高い割合で存在します。幸せの絶頂でも、変化を目の前にして不安になってしまうのは仕方がありません。あなたの未来がどの様なものになるかは、手相でわかるんです。未来の結婚模様がわかれば、不安を少しでも軽くできます。結婚線ですが、小指の下に出る短い横線の事です。また一番理想の手相は、1本の濃くはっきりしている結婚線であることです。こういった結婚線を持っているなら幸せな生活を送れるでしょう。

結婚線でわかるあなたの婚期

「自分は結婚出来るのかな?」「何歳ごろに出来るのだろう?」こういった疑問は手相を見ていくとわかります。結婚線から婚期を見ていく場合、小指の付け根と感情線の間を2等分した線をだいたい30歳とみなします。結婚線が下に存在するほど早婚の手相、上に存在するほど晩婚の手相となります。結婚線から手相を見ることで、あなたの大体の結婚する年齡が導き出せるのです。また、両手を合わせた時に左右の結婚線の高さにが同じになる時が婚期の訪れを示す手相です。その時期に「相思相愛の運命の恋」がやってくるということをあらわします。もう1つのポイントは、運命の相手と出会うために、自分を作らないで自然体でいること。焦りは禁物です。日々リラックスして生きましょう。そうする事で本当のあなたを愛してくれる人に巡り逢える可能性が益々高まりますよ。あれこれ頭で考えずに、自分の直感を信じましょう!

結婚線の形から見る結婚運

手相の結婚線の形から予想される結婚模様を導き出します。結婚線が2つある場合、2回結婚する可能性が高いでしょう。上向きにカーブした結婚線の場合、理想の相手と結婚し幸せな結婚生活が送れる可能性大。下向きにカーブした結婚線の場合、相手に対して不満に思ってしまう事がありそう。結婚線の先端に星印がある場合は、玉の輿にのれる可能性が高いでしょう。先端が二股に分かれた結婚線の場合、別居か離婚の危機が訪れる可能性があるかも。相手を思いやる気持ちが大切です。自分で未来を好転していく姿勢が大切です。また結婚線自体が切れ切れの場合や鎖状の場合は、結婚後夫婦仲が不仲になってしまう可能性が。根本が2本の線で1本に合流する場合、結婚に至るまでに様々な困難が待ち受けているかも。しかしそれを乗り越えれば幸せな結婚生活が送れるでしょう。