ほくろの位置で占う手相

トップページ > ほくろの位置で占う手相

手の平のほくろの位置から注意すべき所がわかる!

手の平には、掌線や掌丘だけでなく、ほくろがある場合があります。顔や身体より手の平に存在する確率は圧倒的に少ないですが、手相占いにおいてほくろがある場合は、その部分のエネルギーが過剰という事の表れです。また、手の平にある場合、除去は厳禁です。傷は悪相ですし、除去をしても運勢が好転する訳ではないので要注意。 生まれてから出来たほくろの場合は、あなたへの危険のサインのあらわれと思って下さい。たとえば、ほくろが生命線上にある場合、健康に気をつけなさいという暗示と受け取り、健康面を特に大切にしましょう。流年法を利用して位置を調べれば、いつ頃にどの様な事に気をつけたら良いのかがわかります。事前に気をつけるべきとわかれば、トラブルを防いだり、最小限に食い止める事が出来るでしょう。

指先にほくろを書いて幸運を導こう!

■ほくろは黒子とも書き、皮膚上に見られる褐色~黒色の色素細胞母斑(黒あざ)の事で、大きさは小豆までのものを指します。また、年を経つごとに色が濃くなる傾向があり、細胞数が増えると隆起してきます。このほくろですが、手相占いでは「活きぼくろ」「死にぼくろ」の2つにわかれます。活きぼくろは、黒色で色艶があり、死にぼくろは、茶色っぽく艶がありません。最近運気が停滞気味の人は是非自分の指に活きぼくろを書いてみてはいかがでしょうか?親指に付け足した場合、全体的な運気アップが望め、ラッキーな状況を引き寄せられるでしょう。人差し指に書いた場合、エネルギッシュで周りにポジティブなエネルギーを与えられるような手相になります。左手の薬指に付け足した場合、結婚を意識した男性に巡り逢える可能性が高まります。結婚願望があるなら是非トライしてみましょう!

丘にほくろがある場合の開運方法

丘に死にぼくろがあるのは、あまり良い手相とはいえませんが、不幸やトラブルをそのまま受け入れるのは避けたいところですよね。実はそんな手相でも、自分の意識や行動次第で人生を好転し開運していけます。第1火星丘にほくろがある手相は、人に対して思いやりの心を持ちましょう。木星丘にほくろがある手相は自分の信念をきちんと持ち、緻密な計画を立てましょう。土星丘にほくろがある手相は何でも人の言うことを鵜呑みにするのではなく、相手の意図を考えましょう。太陽丘にほくろがある手相は周りとペースを合わせ、失礼のない意見を伝える努力をしましょう。水星丘にほくろがある手相は対人関係で上手くやっていくことが開運に繋がります。幅広いタイプの人とやっていく心掛けを持ちましょう。第2火星丘にほくろがある手相は流されてしまいがちなので、負けない意志を持つと良いでしょう。月丘にほくろがある手相は自分の感情のコントロールを出来るようになりましょう。金星丘にほくろがある手相は、お金の使い方に気をつけましょう。家計簿をつけるとお金をきちんと管理出来るようになります。