活きぼくろとは

活きぼくろとは?

ほくろに種類がある事をご存知ですか?実はほくろには種類が2つあるんです!手相占いでは、ほくろの種類や場所で意味合いが異なります。2種のほくろとは、「活きぼくろ」と「死にぼくろ」というもの。こちらでは活きぼくろとはどういったものかをお伝えします。活きぼくろは、基本的に運気アップのほくろで、濃い黒色のはっきりしたほくろで艶があります。手の平にある活きほくろは、掌丘の意味を強めたり弱めたりするものです。また活きぼくろの場合、死にぼくろほどには強い意味はもちません。各掌丘に活きぼくろがある場合どの様な意味合いがあるのかを探っていきましょう。木星丘に活きぼくろがある場合、社会的信用を失ってしまう様な出来事の暗示ですが、建設的に物事に取り組めば回避できます。土星丘、水星丘、金星丘、第一火星丘、第二火星丘、火星平原、月丘に活きぼくろがある場合、あまり強い意味合いはないので気にしなくて良いでしょう。しかし、注意すべきなのは、太陽丘にある活きぼくろです。この場合、他の掌丘とは異なり、活きぼくろは死にぼくろと同じ意味合いになります。人間関係で苦労する事が多い暗示です。イライラしても感情に表さず人を思いやる心を常に持つ事が大切です。