死にぼくろとは

死にぼくろとは?

こちらでは「死にぼくろ」についてご紹介します。死にぼくろとは、茶色っぽくくすんでいて、色艶の悪いほくろの事です。形もいびつであったり、窪んでいる場合もあります。また、ほくろが出来た時期も気にしてみましょう。大人になってから、ほくろに気づいた場合、がんの可能性もあります。これは時間が経つにつれて大きくなるのが特徴です。死にぼくろの場合、運気ダウンのほくろで各丘の象徴が強く出すぎてしまいます。各丘に死にぼくろがある場合をみていきましょう。木星丘に死にぼくろある場合、権力や名誉に目が眩み、私利私欲に目が眩んでしまいがち。土星丘に死にぼくろある場合、忍耐力や探究心がありますが、臆病なのでチャレンジ精神が足りない傾向が。水星丘に死にぼくろある場合、口が上手いので商売も上手くいきますが、非情な部分もあります。金星丘に死にぼくろがある場合、恋愛関係や人間関係で何かとトラブルが耐えないでしょう。第一火星丘に死にぼくろがある場合、自分の感情をコントロールするのが苦手で、イライラしがちです。第二火星丘に死にぼくろがある場合、責任感や情熱に欠け周りからは頼りにされないかもしれません。火星平原に死にぼくろがある場合、家庭運や健康運があまりよくありません。月丘に死にぼくろがある場合、心が不安定になりがちです。太陽丘に死にぼくろがある場合、お調子者で見栄っ張りな傾向があります。