第一火星丘の特徴

トップページ > よくわかる手相の見方 > 第一火星丘の特徴

第一火星丘の意味と特徴

第一火星丘の象徴は情熱的・積極性・活動的。第一火星丘の場所は、親指と人差し指の間の、生命線と頭脳線の起点の下あたりに存在します。この第一火星丘が発達している人、または縦線が入っている人は、情熱的で活動的な傾向が多いです。困難な状況でもめげずに立ち向かうバイタリティーがあるでしょう。行動的で知力もあるので、自分の頑張り次第でも未来をどんどん良くしていけるでしょう。普段はおっとりしてる場合もあり、ここぞという場面で見せるあなたの攻撃性に周りはびっくりしてしまうかも?この場所が盛り上がっていればいるほど、闘争心が強い人といえます。第一火星丘が発達し過ぎている方は、攻撃的すぎる場合もあるので要注意。自制心を鍛える努力が必要かも。また、この第一火星丘が平坦な場合、少々臆病な面があります。大切な勝負の時、力を発揮出来ない場合もあるようです。人と争う事が苦手な平和主義者。第一火星丘がかなりへこんでいる場合、消極的すぎ、覇気がない場合もあります。こういった人でも、大切な場面ではきちんと決断力や行動力を発揮出来る心構えを持ちましょう。自分の性質を知った上で、改善を意識して生活するとより上手に人生を歩めます。