火星平原の特徴

トップページ > よくわかる手相の見方 > 火星平原の特徴

火星平原の意味と特徴

火星平原の象徴は生活力。場所は、手のひら中央のくぼんでいる部分です。この火星平原は他の丘よりもへこんでいるのが普通です。火星平原は生命線、知能線、運命線が行き交う部分で中年期以降の運勢がわかるとされています。火星平原が周囲の丘と同等に高い場合、生活力に長け中年期以降が活発な運勢になる可能性が高いでしょう。また火星平原の「平原」というだけあって、この部分が膨らみすぎる場合は、良い手相とはいえません。周りの丘がちゃんと発達していて火星平原がなだらかなくぼみの時は、温和な性格の人が多いとされ、またお金が貯まるといわれています。火星平原上にある線が赤い、又はくっきりしている場合は、反発心が強く感情がひどく高ぶりやすい人です。火星平原に、あまり肉がついていない、且つくぼみがかなり大きい場合、残念ながらあなたが努力する割に報われない事が多いかもしれません。また、火星平原自体が窪んでしまっている場合は、生活力が乏しく、人との競争も苦手なようです。通常十字は凶線でありますが、火星平原上にある十字は神秘十字と呼ばれ強運を運んできてくれる線です。この相がある人はご先祖様から守られています。また、霊感があったり感が鋭い人が多いようです。